ここから本文です

中村勘九郎 堤監督から謝罪 激しすぎる殺陣に「申し訳ありません」

デイリースポーツ 9月11日(日)16時48分配信

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(34)が11日、公演初日を迎えた主演舞台「真田十勇士」の記者会見を東京・新国立劇場で、共演の加藤和樹(31)、加藤雅也(53)、元AKB48の篠田麻里子(30)らと行った。

 猿飛佐助を演じる勘九郎は激しい殺陣の連続に「堤監督が製作発表のときに話した“大変”という言葉がその通り。きょうが初日だけど千秋楽にならないかな。マジで倒れる人が出ないよう祈っている」と堤監督が思わず「申し訳ありません」と謝罪するほど“嘆き節”を連発。それでも「大変ということは極上のエンターテインメントに仕上がっている」と自信を見せた。

 今作が時代劇初舞台の篠田は女忍者役。「動きがダンスっぽくなっちゃうので、本当に殺しに行くつもりでいかないととアドバイスされた」と気合を見せた。

 同作は2014年の再演。公演は来月3日まで。22日からは映画版も封切られる。

最終更新:9月11日(日)16時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。