ここから本文です

本田真凜が巻き返し2位!会心演技でフリー1位

デイリースポーツ 9/11(日) 17:03配信

 「フィギュアスケート・ジュニアGP・日本大会」(11日、新横浜スケートセンター)

 SP5位からスタートした本田真凜(15)=大阪・関大中=は、女子フリーに出場し、128・64点でフリー1位。フリーの自己ベストを更新し、合計184・11点の2位まで巻き返した。

 冒頭の3回転ルッツを決めると、続く3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプも成功。終盤にダブルアクセルが1回転になるなど完璧とまではいかなかったが、「いまできることはできた。満足できる内容ではなかったけど、(SPが行われた)おとといの自分よりは成長できた」と胸を張った。

 表示された得点を見ると、安堵(あんど)からか、左の瞳から1粒の涙がこぼれ落ちた。「すごく緊張はあったけど、いい自分を見せようと思いすぎないように滑りました」。浜田美栄コーチから言われた「スケートが好きという気持ち」も胸に滑りきった。

 「悔しい思いもあるけど、自分にとってすごくいい経験だった。SPもフリーも改善するところばかりが浮かんでいるので、練習し直したい」と次戦を見据えた。

最終更新:9/11(日) 17:24

デイリースポーツ