ここから本文です

綱とり稀勢の里が初日黒星…鶴竜、照ノ富士も敗れる波乱続き

デイリースポーツ 9月11日(日)17時57分配信

 「大相撲秋場所・初日」(11日、両国国技館)

 綱とりの大関稀勢の里が隠岐の海に寄り切られた。初優勝を果たせば悲願の横綱昇進が見えてくるはずだったが、早くも暗雲が垂れ込めた。さらに、横綱鶴竜が栃煌山に敗れ、大関陣では照ノ富士が嘉風に苦杯。白鵬が全休で不在の秋場所は波乱続きの初日となった。

 立ち合いから前に出た稀勢の里だったが、勝負を焦ったのか体を預けたところを入れ替わられた。勝利を期待していた相撲ファンの大声援は一瞬でため息に変わった。

 休場明けの横綱鶴竜は小結栃煌山を呼び込んだような形になり押し出された。

 大関陣では照ノ富士に寄り切られた。かど番の琴奨菊は正代を危なげなく寄り切った。豪栄道は力自慢の栃ノ心と四つに組んだが、たくみに下手投げ、上手投げで相手を崩し、寄り倒して白星をつかんだ。

 横綱日馬富士は小結魁聖を一方的に押し出した。関脇の宝富士は妙義龍に、高安は貴ノ岩にそれぞれ敗れた。

最終更新:9月11日(日)20時2分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]