ここから本文です

【パラ陸上】木山由加、女子400メートル…4位

スポーツ報知 9月11日(日)1時9分配信

◆リオデジャネイロ・パラリンピック第4日 ▽陸上女子400メートル(車いすT52)(10日)

 リオデジャネイロ・パラリンピック陸上女子400メートル(車いすT52)決勝が10日行われ、2大会連続出場の木山由加(32)=エイベックス=は1分21秒87で4位に終わり、自身初のメダル獲得を逃した。序盤で出遅れ、3位に約13秒差と表彰台争いに加われなかった。「調子は良かった。世界との差を少しでも縮められればと思っていた」と悔やんだ。

 手足の運動機能が低下する進行性の病気「脊髄(せきずい)小脳変性症」と向き合いながら、車いすで競技を続けている。「日によってコンディションが違う。(調子が悪い時は)脱力感や手の震えで物が持てなかったりする」と明かす。手の握力は4キロほどに低下し、ペットボトルのキャップの開け閉めに苦労することもある。

 400メートルでは表彰台を逃したが、今大会は100メートルにも出場。4年後の20年東京大会出場とメダル獲得も、はっきり見据えている。「走るのが好きなので、病気が進行しても出たい。最終的な目標はパラリンピックでメダルをとること」と目を輝かせた。

最終更新:9月12日(月)9時1分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。