ここから本文です

“悪童”平柳玄藩が11年のレスラー人生に別れ=ノア

スポーツナビ 9/11(日) 0:02配信

 10日のプロレスリング・ノア「FINAL 祭BAYASHI ~平柳玄藩引退記念試合~」東京・後楽園ホール大会では、“悪童”平柳玄藩の引退試合が行われ、884人を動員。入門当時、合宿所で一緒に生活していた潮崎豪とマイバッハ谷口、そして、現在のパートナーであるキャプテン・ノアと組んで、杉浦貴&鈴木みのる&金丸義信&タイチの鈴木軍と対戦し、約11年間のレスラー人生に別れを告げた。

 平柳は04年6月にノアに入門し、05年10月に本名の平柳努でデビュー。08年から師匠・田上明の命名により、玄藩に改名した。13年4月にはSUWAとのタッグでGHCジュニアタッグ王座を初戴冠するも、SUWAの頸椎損傷による長期欠場のため、一度も防衛せず王座を返上。最近はキャプテン・ノアとのコンビ「キャプテンズ」で、顔にペイントを施したり、毒舌マイクで相手チームを挑発したりと客席を沸かせていた。だが、7.30後楽園大会で、突如引退を表明。妻と幼い3人の子供のため、引退後はジブラルタ生命保険会社に就職することを公表した。

 会場入口には、ノアでの先輩であった小橋建太さんやWWEのイタミ・ヒデオ(KENTA)、佐々木健介さん、対戦経験のあった新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーなどからの花が並び、東側客席には引退記念Tシャツを着た観客がズラリ。第1試合では、小峠篤司&原田大輔&拳王&大原はじめの4人が、引退記念Tシャツを清宮海斗の頭にかぶせてポーズを決め、平柳へのはなむけとした。

 背中に「GENBA祭」とペイントを施した平柳は、「約11年、ありがとうございました。最後の祭りだ、楽しんでいけ!」自ら先発を志願。だが、直後に鈴木軍が4人同時にドロップキック。いきなりのピンチに陥った平柳だが、キャプテンのアシストを受けて場外へトペスイシーダを見舞い、ポーズを決めると、早くも玄藩太鼓へ。だが、あまりにも長すぎたため、みのるにカットされてしまう。
 鈴木軍の猛攻にさらされながらも、平柳はタイチのパンタロンをはぎ取って股間わしづかみ。さらにみのるにも急所握りをお見舞いし、ブレーンバスターで投げてみせる。10分以上のローンバトルに耐えた平柳だが、すぐに再び自らタッチを要求。

 自ら最後の対戦相手に指名した杉浦にエルボーで食らいつくと、トレイン攻撃から顔面にツバ攻撃。玄藩太鼓のリズムで会場と一体化したところで、ミサイルキック、昇龍玄藩を炸裂。だが、2発目はブロックされ、ツバ攻撃も中山レフェリーに誤爆。すかさず鈴木軍がなだれ込み、怒とうの連係攻撃。平柳は杉浦への金的攻撃で最後の大金星を狙うも、杉浦がニーリフト、ラリアット、オリンピック予選スラムとたたみかけると、あえなく3カウントを献上した。

 引退セレモニーでは師匠であった田上社長、選手会長の潮崎、そして4歳の長男・源太君から「おつかれさま」と花束とメッセージを受け取った平柳は「本当はレスラーにもなれないような人間だったのに、当時社長だった三沢さんに田上さんが『そろそろデビューさせてくれないか』って言ってくれて、それでプロレスラーになれました」と、秘話を語り、支えてくれた仲間やファンへ深く感謝。10カウントゴングは、平柳たっての希望でキャプテン・ノアが務めるも、途中から玄藩太鼓のリズムに代わったため、平柳が思わずツッコミ。最後は仲間たちの胴上げで、フィナーレとなった。

 首筋や胸元を真っ赤に腫らした平柳は「絶対泣くと思ってたけど、痛すぎてそんな気持が起こらなかった。殴られたりいろいろありすぎて、感慨が湧かない。もう少したったら、そういう気分になるんでしょうけど……」と、涙は見せず。「今回、リングに上がったのは長男だけで、娘2人は『イヤだ』って来てくれなかったけど、オレに似ず、かわいい嫁に似て、本当にかわいいんですよ」と、引退を決意する理由となった家族への深い愛を明かし、プロレスラー・平柳玄藩としての人生に別れを告げた。

最終更新:9/11(日) 0:02

スポーツナビ