ここから本文です

杉浦乱入で大流血 マサ北宮「絶対許さない!」=ノア

スポーツナビ 9月11日(日)0時3分配信

 10日のプロレスリング・ノア「FINAL 祭BAYASHI ~平柳玄藩引退記念試合~」東京・後楽園ホール大会では、“悪童”平柳玄藩の引退試合が行われ、884人を動員した。
 9.23後楽園で杉浦のGHCヘビー級王者に初挑戦するマサ北宮が、デイビーボーイ・スミスJr. と一騎打ち。だが、杉浦の乱入により試合をブチ壊された上、顔面から大流血し、「絶対許さない!」と絶叫した。

 デビュー5年でつかんだビッグチャンスに燃える北宮は、ゴングを待たずにスミスへ突進。スミスがナックル連打、ヒザ蹴り、エルボーを繰り出すと、北宮もフライングショルダー、ヒザ蹴り。スミスが滞空式ボディースラムで投げると、北宮もブレーンバスターからスピアーを突き刺し、バックドロップの構えに入ったところで、突如、杉浦が乱入し、手にしたパイプイスで襲撃。衝撃でイスがバラバラになるほどメッタ打ちにすると、ニヤリと笑いながら退場した。
 反則勝ちは収めたものの、額から激しく流血した北宮は、「杉浦、どこだ!」と叫びながら追いかけると、「杉浦、ついに本性を現したな。受けて立つ。オレも闘志がメラメラと湧き上がってきた。絶対許さない」と怒りをたぎらせた。

最終更新:9月11日(日)0時3分

スポーツナビ