ここから本文です

阪神・鳥谷の7号ソロで追加点

デイリースポーツ 9月11日(日)19時46分配信

 「ヤクルト-阪神」(11日、神宮球場)

 阪神・鳥谷敬内野手(35)が7号ソロ弾を放った。

 五回1死で巡ってきた3打席目だ。ヤクルト・山中の4球目を鋭く振り抜いた。2打席目に放った適時打のように、変化球にうまくタイミングを合わせると、快音を残した打球は右翼席に飛び込んだ。

 山中には今季、ここまで4戦3敗。チームとして苦しんできた右腕に対して、先制打に続き、自身7月5日の巨人戦以来となる一発を放ち、追撃の1点を叩き出した。鳥谷は「打ったのはスライダー。まずは自分が塁に出て、チャンスを作ろうと思って打席に入りました。次の1点を取りたいところでしたし、いい1本が打てたと思います」と振り返った。

 山中は5回の攻撃で代打を送られたこともあり、鳥谷のバットが降板に追い込んだ形となった。

最終更新:9月11日(日)20時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]