ここから本文です

スクール・ウォーズ 同窓会イベント42万人が視聴 放送から30年へても高い支持

デイリースポーツ 9月11日(日)21時1分配信

 1984年10月から翌85年の4月まで放送された学園ドラマ「スクール・ウォーズ」に出演した俳優・山下真司(64)、松村雄基(52)らが11日、都内で、同ドラマのブルーレイBOXの発売を記念した同窓会イベントに登場した。この模様は、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で生中継され、42万人が視聴するなど、放送から30年が経過した今も高い人気を保っていることを証明した。

【写真】お茶の間に涙を呼んだワンシーン…病床のイソップの手を握りしめる滝沢先生

 滝沢賢治先生(山下)、そして川浜一のワル・大木大助(松村)。さらに、すでに芸能界から引退した宮田恭男さん(52)、イソップ役の高野浩和さん(49)。これだけのメンバーが一堂に会するのも「めったにない」(山下)という貴重な機会。

 場所も宮田さんが経営する世田谷区のすし店。「同じ部活の仲間と再会した感じ」(宮田さん)と話し、当時の思い出話に花を咲かせた。そんな模様をLINE LIVEで42万人が生視聴。山下は「30年がたっても、これだけ注目されている。とてもありがたい。映画『ロッキー』にも俺たち負けてない。ラッキーだ」とダジャレを交えて喜んだ。

 松村も「今でもこれだけの方に応援していただける。俳優として、さらにしっかりやろうね」と話し、高野さんも「ファンの方に生でふれあい、感謝できる機会があれば」と、再会を楽しみにしていた。

 ドラマは、ラグビー日本代表の山口良治さんが京都・伏見工業高校を率いて全国優勝を果たすまでの実話を元にした作品。

最終更新:9月11日(日)21時22分

デイリースポーツ