ここから本文です

【広島V】担当記者…吉村が見た!「森伊蔵」盗み飲み事件

スポーツ報知 9月11日(日)9時3分配信

 05年は「例年通り」こいのぼりの季節が終わった5月中旬以降に低空飛行となり、最下位に沈んだ。黒田が最多勝、新井が最多本塁打のタイトルを獲得したものの、選手層の薄さから、1年を通して好調が長続きすることがなかった。98年から15年間も続いたBクラスのなかでも唯一の6位。前年のオリックスに続く担当チームの体たらくに、記者自身の「持ってなさ」を痛感したシーズンでもあった。

【写真】ビールをかけられる黒田

 野村の通算2000安打、山本監督の辞任→ブラウン新監督誕生…。本筋の話題も豊富だったが、当時からプレーと直接関係ないネタで紙面を飾ることが多かった。なかでも、この年デビューしたベースボール犬の「ミッキー」は選手以上の露出となった。「体調が悪いらしい」などとウワサが流れると、途端に大騒ぎに。各紙、主力選手並みの対応で事実確認に奔走したのは、いい思い出だ。

 ちなみに、この年の春季キャンプ中、紙面で最も大きく扱われた出来事は「木村一、山本監督の高級芋焼酎『森伊蔵』を盗み飲み」だった。

(05年広島担当・吉村 達)

最終更新:9月11日(日)9時18分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。