ここから本文です

【阪神2歳未勝利】ダイワメジャー産駒ジャンダラリン、デビュー3戦目で4馬身差快勝

スポーツ報知 9月11日(日)11時38分配信

 11日の阪神2Rの2歳未勝利(芝1400メートル=17頭立て)は、4番人気のジャンダラリン(牝、栗東・宮本厩舎、父ダイワメジャー)が好位から抜け出し、4馬身差をつけて快勝した。勝ち時計は1分22秒0。

 好位のインを追走し、ラスト200メートルで前が開くと、鞍上の左ステッキに反応良くスパート。力強く四肢を伸ばし、あとは後続を突き放す一方だった。今年デビューの新人で6勝目となった森裕は「3コーナーでフワッとなったけど、しまいは脚を残した状態で抜かすことができた。強い競馬でした」と声を弾ませた。新馬戦は逃げて4着だったが、「枠もいいところに入ったし、イメージ通りの差す競馬をしてくれた。ジョッキーは満点だったね。1600メートルくらいまでは融通が利きそう。この後は厩舎に置いて、レースを選んで使っていこうと思う」と宮本調教師も笑顔で振り返った。

最終更新:9月11日(日)11時38分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ