ここから本文です

【中山新馬戦】ミヤビベストが超スローペースを逃げ切り勝ち

スポーツ報知 9月11日(日)13時20分配信

 11日の中山5R・新馬戦(芝2000メートル、8頭立て)は、4番人気のミヤビベスト(牡2歳、栗東・笹田厩舎)が逃げ切りで初戦を飾った。勝ち時計は2分9秒1。

 すんなりハナに立つと1000メートル通過が67秒9の超スローペースを演出した新種牡馬のキングズベスト産駒。道中の物見は激しかったが、直線では後続の追撃を振り払い、1番人気のサイレントサードに1馬身半差をつけて押し切った。池添は「スタートが決まって自然とあの位置になった。だいぶ物見をしていたけど、走りっぷりはいいし、しまいも伸びていた。まだ余裕もあるし、もっと良くなりそう」と今後の成長を期待した。

最終更新:9月11日(日)13時20分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ