ここから本文です

【BOX】ロマゴン、4階級制覇!井上尚との対戦にも乗り気

スポーツ報知 9月11日(日)14時12分配信

◆プロボクシング世界戦 ▽WBC世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇ローマン・ゴンサレス(判定 3―0)カルロス・クアドラス●(10日、米カリフォルニア州イングルウッド ザ・フォーラム)

 WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われ、軽量級最強のローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=が、4階級制覇を達成した。同級王者カルロス・クアドラス(28)=帝拳、メキシコ=に3―0の判定勝ちをおさめた。

 “ロマゴン”は序盤から圧力をかけ、クアドラスは足を使う展開となった。プレッシャーをかけ続けるロマゴンだったが、クアドラスも要所に連打を繰り出して対抗。終盤には足とクリンチを使うなど試合巧者ぶりを発揮し、ロマゴンは懐に入り込めず苦戦した。それでもジャッジ3者が117―111、116―112、115―113といずれもロマゴンを支持した。

 リングサイドでは、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(23)=大橋=、所属ジムの大橋秀行会長(51)が視察。井上との対戦について、ロマゴンは「もちろん、喜んでやりたい」と前向きな姿勢を示した。ロマゴンの戦績は46勝(38KO)、クアドラスは35勝(27KO)1敗1分けとなった。

最終更新:9月11日(日)14時14分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]