ここから本文です

幕下昇進の琴鎌谷、初めてマゲ結い白星発進

スポーツ報知 9月11日(日)14時37分配信

◆大相撲秋場所初日 ○琴鎌谷(突き落とし)高麗の国●(11日・両国国技館)

 大相撲秋場所の初日が11日、東京・両国国技館で行われ、佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)の長男で祖父に元横綱・琴桜を持つ西幕下59枚目・琴鎌谷(18)=佐渡ケ嶽=が東60枚目・高麗の国(26)=芝田山=を突き落として白星スタートを切った。

 今場所、幕下に昇進。さらに今月1日には初めてマゲを結って臨んだ土俵。「相手が大きかったし胸を合わせると苦しいので、立ち合いから集中していきました」。初めてのマゲについては「ちょっと力士になったかなという感じです」と笑顔を見せていた。

 近大出身でデビュー4場所目の西36枚目・石橋(22)=高砂=は白虎(27)=東関=を寄り切りで破り、こちらも白星スタート。立ち合いですぐに右を差してかいなを返し、一気に寄り切った。「昨日の夜、兄弟子から(相手の)情報を入手しました。左上手を取るとうまいと聞きましたので、右のかいなをうまく返すことができました」。先月には生まれ故郷・富山で母校・近大の合宿が行われ特別参加した。部屋では連日、東十両11枚目・朝弁慶の胸を借りた。同期の小柳(22)=時津風=は東幕下筆頭まで昇り詰めた。「小柳に追いつけ」が石橋の合言葉だ。

最終更新:9月11日(日)15時36分

スポーツ報知