ここから本文です

菜七子騎手、中山6Rの新馬戦はシルヴァーメテオで3着

スポーツ報知 9月11日(日)14時39分配信

 11日の中山6R、2歳新馬戦(ダート1800メートル=12頭立て)で2番人気の支持を集めた藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本厩舎=騎乗のゴールドアリュール産駒シルヴァーメテオ(牡、美浦・畠山厩舎)は3着だった。

 スタートが決まらず、道中は後方からの競馬。それでも向こう正面から徐々に位置取りを上げると、4角過ぎで気合をつけて飛び出し、直線は3角先頭で押し切り態勢のトミケンカリム(1着)を追いかけて、2番手へ。最後は外から追い込んだ2着馬トゥザキングダムに3/4馬身差交わされての3着だった。菜七子騎手は「スタートはうまく出ませんでしたが、最後は脚を使ってくれたし、能力は高い馬です。一度競馬を使ったことで良くなっていくと思います」と今後の成長に期待していた。

最終更新:9月11日(日)14時44分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ