ここから本文です

中山1Rで落馬した石川は2R以降、乗り替わり 京成杯オータムHのダンスアミーガは勝浦に

スポーツ報知 9月11日(日)14時40分配信

中山1Rで落馬した石川は背部、側胸部打撲の診断 2R以降、乗り替わりで京成杯オータムH(ダンスアミーガ)は勝浦に

 11日の中山競馬1R(2歳未勝利、芝1200メートル)で、3頭が落馬する事故が起きた。

 3コーナーで中団の馬群にいたシュハリ(石川)が、他の馬に関係なく馬体に故障を発生して4コーナー手前で転倒。そのあおりを受けて、後ろを走っていたメリークン(木幡巧)、ユメチョキン(津村)が立て続けに落馬して、いずれも競走中止になった。

 シュハリは右第1関節開放性脱臼で安楽死措置がとられた。石川は浦安市内の病院へ搬送され、検査の結果、背部打撲、側胸部打撲と診断された。ほかの騎手、馬は異常なし。

 これにより、以降の2、4、5、7、8、10、11、12レースは全て乗り替わりが決定。京成杯オータムH(11R)で騎乗予定だったダンスアミーガは、勝浦が騎乗する

最終更新:9月11日(日)22時43分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ