ここから本文です

西武新人の本田圭佑&松本直晃プロ初登板も“反省”

日刊スポーツ 9月11日(日)21時41分配信

<ソフトバンク8-5西武>◇11日◇ヤフオクドーム

 西武のルーキーコンビがプロ初登板した。

 ドラフト10位の松本直晃投手(25)は先発佐野の後を受け、3回1死一、三塁からマウンドへ。吉村に犠飛、江川に左前適時打を許した。厳しい場面での登板に「ちょっと驚きました。思ったより緊張はしなかったですが、課題も浮き彫りになりました」と反省。「変化球でカウントを取ることが出来なかった。(直球も)高さを間違えないように言われていたので、そこをきっちり投げられれば」と振り返った。

 4点ビハインドの7回からはドラフト6位、本田圭佑投手(23)が登板。2イニングを1安打無失点に抑えた。「もっと緊張するかと思いましたが、楽しめました。想像以上に観客が多くて、応援もすごかった。真っすぐは最低限コントロールできて、チェンジアップで打たせてとることが出来たのはよかった。ただ、思ったところに制球できた球が少なかったので、もっと低めに集めないといけない」と反省を忘れなかった。

最終更新:9月11日(日)22時51分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]