ここから本文です

【セントウルS】レッドアリオン6着「直線で進路がなくなって…」と武豊

スポーツ報知 9月11日(日)16時58分配信

◆第30回セントウルS・G2(11日・芝1200メートル、阪神競馬場、良)

 3月の高松宮記念・G1の覇者で1番人気に推されたビッグアーサー(福永)が、貫禄の逃げ切り勝ちを収めた。勝ち時計は1分7秒6だった。1馬身差の2着に、2番人気のネロ(内田)。3着は、9番人気のラヴァーズポイント(川須)。

 武豊騎手(レッドアリオン=6着)「この距離は問題ないというより、むしろいいくらい。ただ、直線で進路がなくなってしまって…」

最終更新:9月11日(日)16時58分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ