ここから本文です

【MLB】“猛打賞”の青木を指揮官が称賛 「復讐心とともにメジャーに帰ってきた」

ISM 9月11日(日)12時53分配信

 シアトル・マリナーズの青木宣親外野手は現地10日、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に1番レフトで先発出場。5打数3安打、2打点、1四球、3得点をマークする活躍を見せた。

 今季は成績不振で2度マイナー落ちを経験した青木だが、この日は6回に2点タイムリーツーベースを放つなど、今月6日に再昇格して以来初めてマルチヒットを記録した。マリナーズのスコット・サービス監督は、「青木は復讐心とともにメジャーに帰ってきた。本当に素晴らしい打撃で、ボールをよく飛ばしていたよ」と称賛した。

 マリナーズは14対3で圧勝。青木など7選手が複数安打を達成し、チーム計17安打、13打点でアスレチックス投手陣を粉砕した。投げては、エース右腕フェリックス・ヘルナンデス投手が6回無失点の好投で、今季11勝目(5敗)を手にしている。

 ヘルナンデスは「最初の3イニングは少し荒れてしまって、シンカーもカッターも制球がつかなかった」とコメント。「でもその後はストライクゾーンに投げ込めるようになった。打線も助けてくれたよ」と振り返った。(STATS-AP)

最終更新:9月11日(日)12時53分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。