ここから本文です

【MLB】右ひじ負傷のS.ストラスバーグ、PRP治療も復帰は不透明

ISM 9/11(日) 15:29配信

 現地10日、右ひじを痛めたワシントン・ナショナルズの豪腕右腕スティーブン・ストラスバーグ投手が、今季中の復帰は微妙であることが明らかとなった。

 ストラスバーグは、7日のアトランタ・ブレーブス戦に先発した際、右ひじの違和感を訴え3イニングもたずに降板。検査の結果、同箇所の張りが認められたが、じん帯の問題ではなかったという。9日に自己多血小板血漿(PRP)療法を受けたとのことで、「一番重要なのは4、5日後にどのような状態となるかだと思う。そこから少しだけ治療を受けて、復帰までの道が始まるんだ。前腕を強化し、投球練習などを行う」と語っている。

 また、今季中の復帰について「自分から要求することはできない」とコメント。「まだシーズンは1カ月ほど残っている。とにかく健康に戻るために努力する。できれば、その時もまだチームはプレーしている状況だといいね」と述べた。

 ストラスバーグは今季開幕から13勝0敗、防御率2.51と絶好調だったが、先月終盤に右ひじ痛で故障者リスト入りする直前の3試合では11回2/3を投げて自責点19と打ち込まれていた。(STATS-AP)

最終更新:9/11(日) 15:29

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]