ここから本文です

市尼崎、右腕・辻井10K1失点完投勝ち「満足いってない」

スポーツ報知 9月11日(日)20時19分配信

◆秋季高校野球兵庫県大会 ▽1回戦 市尼崎4―1高砂(11日・姫路)

 今夏の甲子園大会に33年ぶりに出場した市尼崎が11日、新チーム最初の公式戦となる兵庫県の秋季大会1回戦に登場し、先発右腕・辻井亮汰(2年)の粘投で高砂を4―1で下した。

 辻井はキレのある直球を軸にしたピッチングで相手打線を翻弄。「追い込んでからのコースが甘かった。満足はいってないです」と自身の出来には納得いかない様子だったが、7安打10奪三振1失点で完投した。

 夏の甲子園には2番手投手としてメンバー入りしたものの、出場機会は与えられなかった右腕。2季連続で甲子園切符をつかんだ兵庫県の公立校は、1994年に春夏連続出場した姫路工が最後となるが「次は自分がマウンドに立ちたいです」と、背番号1は力を込めた。

最終更新:9月12日(月)1時49分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。