ここから本文です

【格闘技】所英男、グレイシー狩りへクロンは「穴がいっぱいある」

スポーツ報知 9月11日(日)20時18分配信

◆RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント開幕戦 ▽スペシャルワンマッチ 所英男―クロン・グレイシー(9月25日・さいたまスーパーアリーナ)

 65・8キロでクロン・グレイシー(28)=ブラジル=と対戦する所英男(39)が11日、都内で練習を公開し軽快な動きを見せた。

 所はスパーリングで汗を流し、上々な仕上がりを披露。練習後の会見で対戦相手のクロンを「組みになったら強いけど、そのぶん穴もいっぱいある。組まれたら一巻の終わりみたいな部分もあるけど、それ以外で穴もあってそこで自分がどうがんばれるか、スリリングが面白そう」と試合が楽しみと言い放った。

 ホイス・グレイシー(49)、ホイラー・グレイシー(50)と名高いグレイシー一族と拳を合わせてきた所は、初めて年下のクロンとの一戦に「ホイス選手、ホイラー選手とやったのが10年前で、その時の年が逆転している。僕が上で、クロン選手が下でそういうのも面白いなと。クロン選手がどう思って来るか分からないけれど、自分としては縁があるなと、この試合ありがたく思っています」と話した。

 初代グレイシーキラーの桜庭和志(49)と練習をしている所は「(自分が)逃げてばっかりですけど学ぶ事ばっかりです」「自分から質問すると、(アドバイスを)教えてくださる」と最高のパートナーとの練習で、グレイシー狩りへ闘志を燃やした。

最終更新:9月11日(日)20時18分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。