ここから本文です

【バスケ】秋田、仙台逆転し3年ぶり3度目V!田口主将「勝ちぐせが付いたかな」

スポーツ報知 9月11日(日)21時25分配信

◇東北カップ▽決勝 秋田ノーザンハピネッツ 74―65 仙台89ERS(11日、福島・あいづ総合体育館)

 男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツが、同じB1の仙台89ERSに逆転勝ちし、3年ぶり3度目の優勝を飾った。

 28―38と10点をリードされて前半を終えたが、後半開始の第3クオーターに21―6と圧倒して逆転。PFディショーン・スティーブンス(26)が両軍最多26得点と活躍した。

 新主将のSG田口成浩(26)も両軍日本人最多11得点、両軍最多タイの4アシストで貢献。プレシーズンゲームを6戦全勝で終え「勝ちぐせが付いたかな」と手応えを口にした。

 Bリーグは22日に開幕し、秋田の初戦は24日のアウェー・栃木戦。B1東地区には仙台のほか、昨季NBLの強豪もひしめくだけに、田口主将は「勝ちきれる相手はなかなかないと思う。そこを、いかにチャンスを逃さず勝ちきることができるか」と気を引き締めていた。

最終更新:9月11日(日)21時59分

スポーツ報知