ここから本文です

【侍女子】カナダに10-0大勝、W杯5連覇!

スポーツ報知 9月11日(日)21時0分配信

◆第7回WBSC女子野球W杯 ▽決勝 日本10―0カナダ(11日・キジャンドリームパーク)

 侍ジャパンの女子代表「マドンナジャパン」が決勝でカナダを下し、2008年の第3回松山大会から5大会連続の優勝を達成した。

 日本は2回、2死三塁から船越千紘(19)=平成国際大=が左前に適時打を放ち先制。3回には無死一、二塁から三浦伊織(24)=京都フローラ=が三塁線へバント。三塁から一塁への送球が悪送球となり、二塁ランナーが生還して追加点。カナダ投手のボークと船越の右中間適時二塁打も続き、3回に一挙5点を挙げた。

 先発のエース里綾実(26)=兵庫ディオーネ=は安定した投球で2安打完封勝利を飾った。

最終更新:9月12日(月)0時51分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報