ここから本文です

【侍女子】W杯5連覇!エース里「一番の投球ができた。もっと女子野球が盛り上がれば」

スポーツ報知 9月11日(日)21時56分配信

◆第7回WBSC女子野球W杯 ▽決勝 日本10―0カナダ(11日・キジャンドリームパーク)

 侍ジャパンの女子代表「マドンナジャパン」が決勝でカナダを下し、2008年の第3回松山大会から5大会連続の優勝を達成した。

 大倉孝一監督「ありがとうございます。ほっとしています。今の選手が本当によくやってくれた。韓国までかけつけてくださった人達と、日本からもいっぱい温かいメッセージをいただきました。選手の力になりました。ありがとうございました」

 

 里綾実投手「この日のためにベストを尽くすといってずっとやってきた。今日、一番の投球ができました。見守ってくれてありがとうっていいたいです。いつも言ってますが、野球は男だけのスポーツじゃなくてみんなのスポーツなので、これを機にもっと野球を始めてくれる女の子がいて、もっと女子野球が盛り上がってくれたらいいと思う」

 船越千紘捕手「初めての優勝が5連覇という結果につながってすごくうれしい。バッティングは特に何も考えてなくて、1点を取ることに必死でああいうバッティングになったと思う。すべてが初めてのこの大会で、いろんなものを学べてすごく良い経験をさせてもらった。韓国まできてくれた方、日本で応援してくれた方々、ありがとうございました。おかげさまで5連覇することができました。これからも頑張るので応援よろしくお願いします」

 川端友紀内野手「最高の一言です。たくさんの方に応援にきていただいて、すごく力になりました。期待に応えられるようにと1球1球に気持ちを込めてプレーしました。(ヤクルトの兄・川端慎吾には)5連覇したよ、って力強く伝えたいと思います」

 主将・志村亜貴子外野手「最高です。5連覇がかかっているということで、プレッシャーなどもあったが、このメンバーで楽しめました。こんな最高のメンバーなので、大変なことは何もありませんでした。多くの方に支えてもらっての優勝だと思うので、多くの方に感謝したいと思います。ありがとうございます」

最終更新:9月11日(日)21時56分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)