ここから本文です

【金沢】数的有利もドローで7試合ぶりの勝利ならず

スポーツ報知 9月11日(日)21時50分配信

◆明治安田生命J2リーグ第31節 讃岐1―1金沢(11日・Pikaraスタジアム)

 ツエーゲン金沢は、アウェーで讃岐に1―1で引き分け、リーグ戦7試合ぶりの勝利はならなかった。

 前半4分に先制点を奪われると、ボールを保持しながらもゴールが奪えず。前半終了間際に相手が一人退場。後半3分にFW金子昌広(25)が、同点弾を決めたが、その後は、守りを固めた相手を崩すことができなかった。

 森下仁之監督(48)は、「自分たちが置かれている状況(最下位)を考えれば勝ち点1は残念です。残り15分はいい形にならなかった。クロスの質や精度が上がれば、得点チャンスも増えていくと思います。次負けると、(追いついての勝ち点1が)意味のないものになってしまいます。悲観しないで前を向いていきたいです」と話した。

最終更新:9月11日(日)21時50分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合