ここから本文です

【C大阪】玉田、今季リーグ初弾!2連勝で2位松本に勝ち点3差ピタリ

スポーツ報知 9月12日(月)2時26分配信

◆明治安田生命J2リーグ第31節 C大阪2―0長崎(11日・金鳥スタジアム)

 C大阪は、元日本代表FW玉田の今季リーグ初得点などで2連勝。天皇杯も含め公式戦4連勝となった。

 後半11分、敵陣ペナルティーエリアやや外でフリーキックを獲得すると、日本代表MF山口が素早くリスタート。そのパスに反応した玉田が左足で先制弾をぶち込んだ。今季は出場機会に恵まれず、31戦目で初ゴール。36歳のベテランは「(山口)蛍が狙っていたので、ボールが来そうな感じはした」と笑顔を見せ、「これからが大事。チームが苦しい時に得点を決めたい」と言い切った。

 ロスタイムにダメ押しヘッドを決めた1年目FW沢上もJ2初ゴール。「決めてホッとした。まだ1点なので、どんどん取っていきたい」。元日本代表FW柿谷、杉本が故障で離脱する中、新旧ストライカーが勝利を呼び込んだ。

 3位のままだが、J1自動昇格圏の2位松本に勝ち点3差でピタリ。離脱者が相次ぎ、守備的MFのソウザを攻撃的MFで起用するなど試行錯誤を続ける大熊清監督(52)は「交代選手も含め、今後も一丸となって戦う」。残り11戦。ここからが勝負だ。

最終更新:9月12日(月)2時26分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合