ここから本文です

【なでしこL】中野、アシスト&V弾でホーム10戦不敗!

スポーツ報知 9月12日(月)6時4分配信

◆プレナスなでしこリーグ第12節 仙台L2―1新潟(11日・石巻市総合運動公園)

 ダブル不敗神話で逆転勝ち! リーグ戦が再開し、ベガルタ仙台レディースはホームで新潟を2―1と下した。前半14分に先制を許したが、同28分になでしこMF川村優理(27)、同32分にMF中野真奈美(30)が立て続けに得点して鮮やかに劣勢をはね返した。勝ち点を22に伸ばし、得失点差で2位に浮上した。

 失点しても、仙台の選手たちに焦りはなかった。まずは前半28分、中野の右CKを川村が頭でたたきつけた。「(中野へ)ファー(遠め)に蹴ってと言っていたので、合わせるだけでした」と狙い通りに追いついた。4分後にはMF嘉数の右足ミドルがゴールバーを直撃すると、素早く反応した中野がこぼれ球を左足ダイレクトボレー。「浮かないよう気をつけた。こぼれ球を狙っていました」と1ゴール1アシストの大活躍で勝利の立役者となった。

 この日は東日本大震災からちょうど5年半で「復興支援マッチ」として、年に一度の宮城・石巻での試合開催。千葉泰伸監督(45)は「まだ苦労されてる方が大勢いる。少しだけでも笑顔になってもらえれば」と特別な思いを抱き、これで石巻での公式戦には5年連続勝利となった。そして今季のホーム戦10戦負けなし(9勝1引き分け)ともう一つの不敗記録も継続。悲願の初タイトルへ、幸先のいい再スタートとなった。(鈴木 文人)

最終更新:9月12日(月)6時4分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。