ここから本文です

【広島V】球団OB木下さん経営焼き鳥店、焼き鳥とドリンクが無料

スポーツ報知 9月12日(月)6時4分配信

 25年ぶりのセ・リーグ優勝を決めたプロ野球・広島カープの地元の広島市内では、歓喜の瞬間から一夜明けた11日もフィーバーが続いた。記念セールをスタートさせた市内の各店舗は大盛況で売り切れ商品も続出。ナインを率いた緒方孝市監督(47)の故郷、佐賀県鳥栖市内で親族が経営する商店にも県内外からファンが駆け付けたほか、東京・銀座の広島ブランドショップ「TAU」にも人だかりができた。

 広島OBの木下富雄さん(65)がオーナーを務める広島市内の焼き鳥店「カープ鳥きのした」では11日、カープ優勝記念の焼き鳥&ドリンク無料サービスが行われた。

 焼き鳥全品と一部ドリンクを割引ではなく無料で振る舞う100%赤字の大サービス。営業時間の午後6~9時の間で40分ずつの入れ替え制。予約ではなく先着順のため、営業開始前には店先に行列ができた。午後4時半から並び一番乗りの斉藤満雄さん(64)は「昨夜は優勝シーンを放送するスポーツニュースを全部見て寝たので、寝不足のまま並んでしまいましたよ」。家族とともにカープの優勝を祝福した。

 1970~80年代に活躍、選手として5度の優勝を経験している木下さんは「うれしい、のひと言しかないです。今回初めてファンとして喜び、市内の熱気を味わうことができました」と感無量の表情。「黒田と新井が抱き合ったシーンにはグッときましたよ」。現役時代、トレードマークだった口ヒゲをさすりながら歓喜の瞬間を振り返った。サービスは市内の「カープ鳥」全13店舗で実施された。

最終更新:9月12日(月)7時53分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。