ここから本文です

【NBA】K.デュラント、元相棒R.ウェストブルックとの関係は“良好”

ISM 9月11日(日)16時18分配信

 このオフにゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍したケビン・デュラントが、オクラホマシティ・サンダーで2枚看板を形成していたラッセル・ウェストブルックとの関係について、現在も“良好”だとしていることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトが現地10日に報じた。

 ウェストブルックは、デュラントがウォリアーズと契約を結んだ約1カ月後にサンダーとの延長契約にサイン。その際、取材陣に対し、デュラントが移籍を決めて以降、お互いに話をしていないと明かしていた。

 同サイトによると、母校テキサス大のイベントに参加したデュラントは、取材陣に2人の関係について聞かれ、今でも仲は良いと返答。ウェストブルックのコメント以来、会話をする機会があったようにも取れる発言をしたという。

 またデュラントは、今後はライバルとしてウェストブルックとハイレベルな争いを繰り広げることを楽しみにしているようだ。実際に2人が話をしたのかどうかは不明だが、最初のマッチアップは見逃せないものになると、『NBCスポーツ』は伝えている。

最終更新:9月11日(日)16時18分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。