ここから本文です

浜崎あゆみ、離婚「彼は彼の想う道を。私は私の想う道を。」交際期間を含め3年半で終止符

スポーツ報知 9月12日(月)4時44分配信

 歌手の浜崎あゆみ(37)が、2014年3月に結婚した10歳年下の米国人男性と離婚する意思を固めたことが11日、明らかになった。公式ファンクラブサイト「Team Ayu」で「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました」と、つづった。関係者によると、まだ離婚は成立していないが、関係修復は困難なようだ。

【写真】浜崎あゆみ「ボーボーだったら絶対嫌」

 あゆは公式サイトで「伝えたいこと。」と題して「彼は彼の想う道を。私は私の想う道を。」と報告。明確に「離婚」という言葉は使わなかったが、決意した思いをつづった。

 2013年12月12日、米国人男性と米ロサンゼルスで婚約。14年2月末にロサンゼルスで婚姻の手続きを2人で行い、結婚証明書を取得。日本での婚姻届は3月3日、代理人として浜崎の母親が都内の区役所に提出した。同日、浜崎は今回と同様、ファンクラブサイトで結婚を報告した。

 交際期間を含めると、13年春頃から3年半近い関係にピリオドを打つ。昨年末には、この男性がカウントダウンライブに足を運ぶ様子が週刊誌でキャッチされるなど、仲むつまじい様子が報じられていた。だが、あゆは先月30日にツイッターで「幸せを選べないんなら、どんな成功も名誉も財産も、なんの意味もないって」と投稿してファンの間で話題になったほか、男性の記述を思わせる内容が目立っていた。

 所属事務所は、今回のあゆの“発言”について「プライベートなことなので、コメントは差し控えさせていただきます」と話すにとどめ、現状について説明することはなかった。関係者によると、まだ離婚は成立していないという。あゆの夫となった男性は結婚発表当時、米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)の医科大学院に通う大学院生だった。

 戸籍上は今回が1回目の結婚だった。11年の元日にオーストリア人俳優マニュエル・シュワルツと米ネバダ州で結婚証明書を取得していたが、日本の役所に婚姻届を提出していなかった。マニュエルとは1年後の12年1月に破局した。

 今月3日には、ツイッターで「古い扉がすぐ後ろで閉じたのを感じたと同時に、目の前の新しい扉を開く時だと感じた」とも発言していた。同19日にはテレビ朝日系「30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016」に出演予定。現在は、30日から始まる全国ツアーのリハーサルの真っただ中。気持ちを切り替えて、新たな一歩を踏み出す。

 ◆浜崎(はまさき)あゆみ 1978年10月2日、福岡県生まれ。37歳。幼少から福岡でモデル活動をし、93年テレビ朝日系ドラマ「ツインズ教師」で女優デビュー。98年4月シングル「poker face」で歌手デビュー。99年から15年連続でNHK紅白歌合戦に出場。日本レコード大賞では、2001年から史上初となる3年連続で大賞を受賞。12年にはソロ歌手、女性歌手として初めてシングル、アルバム総売り上げが5000万枚を突破。

最終更新:9月12日(月)20時47分

スポーツ報知