ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>シアターブルック、「ホント始めて良かった」

BARKS 9/11(日) 10:52配信

この<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>の発起人である佐藤タイジ(Vo./G.)がフロントマンを務めるシアターブルックが、今年はREVOLUTION STAGEの初日のトリとして登場だ。

◆シアターブルック 画像

例年では2日目の最後を締めくくっていたのだが、タイジはインディーズ電力 大取締役会やThe SunPaulo等でも出演する為、より良い状態でシアターブルックのライヴに臨んで欲しいというスタッフからの要望もあったとのこと。加えて、2日目へさらに勢いをつけるこの立ち位置も頼もしい。

言うまでもなく、オーディエンスもこのときを心待ちにしており、メンバーがステージに姿を現した瞬間から大歓声。その後押しから「私たちは魂を持っているのだろうか?」とタイジが叫び、「裏切りの夕焼け」でライヴはスタートした。まさしく魂を振るわせて歌い上げ、適切に必要な音だけで世界観を構築。オーディエンスの胸をわしづかみにするグルーヴ感、ちょっとやそっとの技術や経験では到達できない。いい風が吹いていく。

そこからコーラスとして、RESPECT STAGEで見事なパフォーマンスを披露した真城めぐみ(ましまろ)が参加して「ドレッドライダー」へ。洗練されていながらも、そこにある生々しさは消えず、どこまでも浮世離れしないサウンドを展開だ。真城の声もいい色合いをつけていき、曲終わりにはタイジの誘いから会場中がピースサインで埋め尽くされ、誰しも自然と笑みがこぼれてしまう。

タイジ本人もいい感触があったのであろう。思わず「オレ、ホント(中津川THE SOLAR BUDOKANを)始めて良かったと思うわ。みんな、ありがとうな!」とこぼし、感謝の意を関わったすべての人へ伝えていく。

そして、「捧げよう。心をこめて演奏したいと思います」と、ギターとしてTHE BLACK COMET CLUB BANDでREDEMPTION STAGEに出演した高野哲がゲスト参加、今年4月に急逝したプリンスの名曲「Purple Rain」を奏で、次の「とんだ太陽の人」では先ほどライヴを終えたばかりのDragon AshからKjが登場、タイジと秀逸なコラボをドロップした。

そこから真城と高野に加えて、佐藤千明(赤い公園)、Spinna B-ILLも参加するという豪華布陣で「もう一度世界を変えるのさ」を放った。この「もう一度世界を変えるのさ」は厚みや迫力が凄まじいだけでなく、珠玉の艶があり、この場所だからこそ響き渡る壮大さも素晴らしかった。

ラストを飾ったのは、もうこの曲しかないだろうという、いつの時代でも色褪せぬ「ありったけの愛」。タイジが発起人となり、太陽光発電を基軸にしたフェスで、「その上の太陽は ありったけの愛だけで出来てると思いませんか?」というフレーズが鳴り響き、口ずさめる奇跡。その空間にずっと酔いしれてしまった。

約50分のステージで全6曲。中だるみなど一切なく、ただただ音を愛で紡ぎ続けた美しすぎるステージだった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎平野大輔

【シアターブルック@REVOLUTION STAGEセットリスト】
01. 裏切りの夕焼け(Rearrange)
02. ドレッドライダー
03. Purple Rain
04. とんだ太陽の人
05. もう一度世界を変えるのさ
06. ありったけの愛

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9/11(日) 10:52

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]