ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>チャラン・ポ・ランタン、「こうなったら太陽でもなんでも照らせ!」

BARKS 9/12(月) 12:16配信

日曜日ということもあり、家族連れも多い<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>だが、他のステージと比較しても群を抜いて子どもの姿が多かったのが、REALIZE STAGEで行われたチャラン・ポ・ランタンだ。もも(唄)と小春(アコーディオン)の楽しいキャラクターが音楽ファンのみならず小さい子どもたちにも浸透している様子で、ステージエリアだけでなく、近くのフリーマーケットエリアにまで黒山の人だかりができていた。

◆チャラン・ポ・ランタン 画像

2人組ユニットに絞った初のカバーアルバム『借りもの協奏』をリリースすることを告知した2人はまず、事務所の先輩PUFFYの「アジアの純真」を高速テンポでカバー。アコーディオンとボーカルだけの姉妹ユニットだが、軽快なアコーディオンに透明感と張りのあるももの歌声が乗ると否応なしにのせられてしまう。

また、ステージに降り注ぐ日差しに「あっちい!」と顔をしかめる小春を横目に、ももが笑いながら歌うという和やかムードも。一方、ポルノグラフィティ「サウダージ」のカバーでは、男性バンドの曲だということも忘れさせるようなパワフルな歌唱を聴かせた。

ももも苦笑いを浮かべる小春のMCは客席に大ウケ。小春はMr.Childrenのツアーサポートとして参加しているそうで「ミスチルのライヴでは一切喋ってないから、心配しないで」と自虐コメントで再び笑いを誘うなど、トークでもオーディエンスの距離を一気に縮めた。

ザ・ピーナッツのカバー「恋のバカンス」では本家のハモリにも負けない姉妹コンビネーションを聴かせてくれたほか、「夏は好きかなあー? 私は嫌いだー!」と始まったベイ・シティー・ローラーズの「サタデーナイト」の替え歌「ソトデナイ」が秀逸。“ヒ・キ・コモリ ヒキコモ・リ”のコール&レスポンスが中津川に響く様はあまりにもシュールな光景となった。

ラストは「こうなったら太陽でもなんでも照らせこのやろー! こんなに日の光を浴びることなんてないですよ」と開き直ったかのように「ムスタファ」を熱唱。芸達者な2人のパフォーマンスに明るい気持ちになれたステージだった。

取材・文◎岡本貴之
撮影◎上山陽介

【チャラン・ポ・ランタン@REALIZE STAGEセットリスト】
01. 71億ピースのパズルゲーム
02. 時計仕掛けの人生
03. アジアの純真
04. サウダージ
05. 恋のバカンス
06. Oppai Boogie
07. 愛の讃歌
08. ムスタファ

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9/12(月) 12:16

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]