ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>H ZETTRIO、「ソーラーに負けない情熱的な演奏を」

BARKS 9月12日(月)12時15分配信

<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>初登場となるH ZETTRIOの出番が近づくと、ステージを臨む小高い丘の斜面に続々とお客さんが集まって何やら話している。「H ZETTRIOってオリンピックの?」「そうそう、安倍マリオのときの」。そうなのだ、“安倍マリオ”も話題となったリオデジャネイロ・オリンピック閉会式をご覧になった方は思い出してほしい。東京をアピールする映像の中で、スーパーマリオに変身した安倍首相が土管を通って東京からリオへと向かうシーンで使われていた曲が、H ZETTRIOのナンバーだ。そんな話題性のせいか、ステージ周辺はかぶりつきのお客さんでいっぱいだ。また、彼らの音楽はとにかく楽しい。そのため、小さいお子さんを抱っこしたままステージを観ている家族連れの姿も多く見られた。

◆H ZETTRIO 画像

サウンドチェックに姿を現した青鼻のピアノ担当・H ZETT Mがステージ向かって左手に、赤鼻のウッドベース担当・H ZETT NIREが中央に、右手には銀鼻のドラム担当・H ZETT KOUが構える。サウンドチェックながら早くも観る者を唸らせると、「じゃあ、このまま本番始めます」と告げて、リオ・オリンピック閉会式の映像で使われていた曲「Get Happy!」へ。続く「Trio,Trio,Trio!!!」ではNIREのベースソロからKOUのドラム・ソロへ展開したのだが、「ダダダダダー」とドラムフレーズを口で言うKOUに爆笑が起こり、その後の本当のドラムソロでは感嘆の声が上がった。

そしてピアノソロへ突入すると、大きく足を開けて鍵盤を叩くMの姿に大歓声が起こった。ライヴ開始からまだ10分程度にもかかわらず、汗だくになりながら踊っている者もいる。それほどのテンションの高いライヴ。3人がかつて所属した(という噂の)PE’Zの曲をカバーした「晴天 - Hale Sola ?」では、ピアノとウッドベースとは思えない音圧がKOUの躍動感あるドラムと1つになり、円熟のアンサンブルを聴かせてくれた。

「ソーラーに負けないように情熱的な演奏をしますので、よろしくお願いします」──M

演奏を再開すると、左手でパッドを叩きながら右手で鍵盤を弾き、そこにNIREとKOUが加わる。ジャンプしたり後ろ手にスティックを持ってパッドを叩くMに歓声が上がったほか、リズムでコール&レスポンスするなど盛り上げた。Mの超絶速弾きピアノが聴ける「炎のランニング」では、途中からキーボードを逆さにして弾くシーンも。その姿に焚き付けられたかのようなNIREとKOUの演奏テクニックも凄まじいばかり。続く狂おしいまでのアップテンポチューン「PIANO CRAZE」では、Mがショルダーキーボードを抱えてステージ前で盛り上げるなど、3ピースのインストバンドながら、視覚も飽きさせることがない。

ラストはリリースされたばかりの3rdアルバムから、情熱的なメロディがたぎる「Dancing in the mood」を熱演、記念すべき<中津川フェス>初ライヴを終えた。1曲1曲にスリルがあり、バンド自体がテーマパークのようなH ZETTRIOのステージは、なによりも本人たちが一番楽しんでいる姿が印象的だった。

取材・文◎岡本貴之
撮影◎三浦麻旅子

【H ZETTRIO@RESPECT STAGEセットリスト】
1. Get Happy!
2. Trio,Trio,Trio!!!
3. 晴天 - Hale Sola ?
4. Neo Japanesque
5. 炎のランニング
6. PIANO CRAZE
7. Beautiful Flight
8. Dancing in the mood

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9月12日(月)12時15分

BARKS