ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>ストレイテナー、「太陽の力で音を鳴らしてます」

BARKS 9/12(月) 12:17配信

2日間にわたった<中津川THE SOLAR BUDOKAN>もいよいよ大詰め。このREDEMPTION STAGEのトリを務めるのはストレイテナーだ。

◆ストレイテナー 画像

メンバー自身が「より邦楽色を高めた」と語る9thフルアルバム『COLD DISC』を今年5月にリリースし、現在は<Step Into My World TOUR>の真っ最中。オーディエンスも期待感たっぷりで待ちかまえているところに「Melodic Storm」が放たれるのだから、もうたまらない。空間自体が振動してる感覚すらあるほど、エネルギーが撹拌されていく。

そこから、音を途切らせることなく「TRAIN」へ。エッジの効いたリズムと屈強な圧力を兼ね備えたサウンドから一気に波間を漂うようなメロディーを鳴らし、再び力いっぱいにアクセルを踏み込んだ強靱な疾走感を見せる。絶巧な押し引きと抑揚。バンドの力量を確かに感じ取ることができたひと幕だ。

ホリエアツシ(Vo./G.)が「太陽の力で音を鳴らしてます。太陽に感謝して1曲」と語ってから「冬の太陽」。バンドとしてのまとまりもさることながら、曲とメンバー自身の重なり方が素晴らしい。続く「原色」でもそれぞれのミュージシャンシップが鮮明に発揮されており、陽が落ち、涼しさを感じるはずなのに汗ばむような熱気に包み込まれる。

「恋人同士で来てる人は愛を、友達の場合は友情を、おひとりさんはオレたちストレイテナーへの愛を絡めて踊りましょう」というホリエの言葉から「Alternative Dancer」。情欲をかき立てる歌声が艶やかで美しい。

その情調を保ったまま、大山純(G.)が鳴らしたギターに、日向秀和(Ba.)とナカヤマシンペイ(Dr.)が呼応して始まった「DONKEY BOOGIE DODO」はドラマティックな夜を演出。ホリエが空を指さし、会場全体から大きなハンズクラップが起こった「彩雲」、多くのオーディエンスが始まった瞬間にため息をもらした「REMINDER」とプレイした後、ホリエが<中津川THE SOLAR BUDOKAN>へ感謝の意を表してからの「From Noon Till Dawn」はまさしく大爆発。カオティックな疾走感で駆け巡っていく。

そして、このREDEMPTION STAGEで最後に鳴らされたのは、ナカヤマが「REDEMPTION STAGEのバーサーカーに捧ぐ!」と絶叫してからの「BERSERKER TUNE」。物凄くシンプルに言えば、興奮しかかき立てられない曲だろう。そのサウンドへ身を投じるだけで力が自ずから漲ってくるのだ。

曲を終え、「この後はTHE King ALL STARSです。ありがとうございました!」とホリエがREVOLUTION STAGEへバトンを繋ぎ、メンバー4人で肩を組んでから客席へ深々と礼をする。割れんばかりの拍手が湧き、REDEMPTION STAGEは麗しいフィナーレを飾った。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎柴田恵理

【ストレイテナー@REDEMPTION STAGEセットリスト】
01. Melodic Storm
02. TRAIN
03. 冬の太陽
04. 原色
05. シーグラス
06. Alternative Dancer
07. DONKEY BOOGIE DODO
08. 彩雲
09. REMINDER
10. From Noon Till Dawn
11. BERSERKER TUNE

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9/12(月) 12:17

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]