ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>ACIDMAN、「虹ってすごいね」

BARKS 9/12(月) 12:17配信

冒頭、昨日まで雨が降ると言われていたにもかかわらず、天気が持ちこたえたことに言及して、この<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>を「神様に愛されるフェス」と大木伸夫(Vo, G)は言ったが、そういう彼が率いるACIDMANだって、出番の直前に空に大きな虹が現れ、彼らのステージをより一層、思い出に残るものにしたんだから、相当、神様に愛されていると思う。

◆ACIDMAN 画像

本番の5分前、ステージに現れ、観客が背を向けている空を指差して、虹が出ていることを教えた大木は改めて、「すごい虹だね」と言い、「光を糧に、ここ中津川で最高のライヴをしたいと思います」と宣言。叙情を奏で、激情を迸らせる黄金のトライアングルが持つ力を、存分にアピールした。

ダンサブルなビートが観客を跳ねさせた「FREE STAR」が終わったところで、再び「虹ってすごいね」と、なぜ大木がそんなに虹について語るのかと言えば、実は間もなくリリースするシングルのアートワークに虹を使っているというメンバーにもまだ話していない秘密を明かした。「だから感動しちゃってさ(笑)」。

前述したように叙情を奏で、激情を迸らせるACIDMANだから、ぐっと抑えていた感情がサビで一気に爆発し、3人の演奏が白熱する「カタストロフ」や「一緒に叫ぶぞ!」と呼びかけ、観客と大木が「イエーーーー!!!!」と叫び、クライマックスの助走となった轟音ナンバー「ある証明」のようなエモーショナルなロックナンバーが文句なしにカッコいいことは言うまでもないが、この日、筆者が感心させられたのはむしろ、じっくりと聴かせた中盤の3曲のほうだった。

弾き語りのバラードに佐藤雅俊(B, Cho)と浦山一悟(Dr, Cho)の2人が加えたハネるリズムがアンサンブルの妙を際立たせた「リピート」、大木が奏でるアルペジオに佐藤がエフェクター・ペダルを踏みながらベースでストリングスの音色を重ねた「アルケミスト」、アダルト・オリエンテッドなコード進行がシティ・ポップにも通じる味わいを加えた「赤橙」。もちろん、その3曲も最後は激しい感情を迸らせ、バンドの演奏は熱を帯びるわけだが、ただ一丸になって、爆音を奏でるだけが、この3人が作る黄金のトライアングルの魅力ではないことを改めて筆者は理解した。

そんな3曲をそれまでじっくりと聴き入っていた観客が拳を振り上げ、その手を振った「ある証明」で観客の興奮をもう一度沸点に持っていった3人がラスト・ナンバーに選んだのが「世界が終わる夜」だった。

再会を誓う思いを、ACIDMANの真骨頂とも言える演奏に込めたこの曲ほどラスト・ナンバーにふさわしい曲はなかったはず。バンドの熱演と大木の絶唱に最後、観客の間から「ありがとう!」という声が飛んだ。そして、空にはいつの間にか三日月が浮かんでいた。虹と夕日に加え、三日月まで。<中津川THE SOLAR BUDOKAN>の神様はこの日、とことんACIDMANに味方したようだ。

取材・文◎山口智男
撮影◎岡村直昭

【ACIDMAN@REVOLUTION STAGEセットリスト】
01. カタストロフ
02. FREE STAR
03. リピート
04. アルケミスト
05. 赤橙
06. ある証明
07. 世界が終わる夜

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9/12(月) 12:17

BARKS