ここから本文です

男に威嚇発砲し逮捕 刃物のような物所持 市川署

千葉日報オンライン 9月11日(日)10時58分配信

 10日午前0時25分ごろ、千葉県市川市国府台の路上で、市川署の巡査男性(32)がタクシーに刃物のような物を持って向かって行った男に威嚇のため空に向けて1発発砲した。男は器物損壊容疑で逮捕され、けがはなかった。

 同署によると、9日午後11時45分ごろ、「刃物を持った男に追いかけられた」と110番があり、巡査が付近で男を発見。男は武器のような物を持って襲いかかって来た後、通り掛かったタクシーに向かって行った。

 巡査は「武器を捨てろ。撃つぞ」と警告して上空に向けて発砲、取り押さえた。現場には包丁の柄の部分が落ちていたが、刃は見つからなかった。

 逮捕容疑は10日午前0時ごろ、市川市内のコンビニ店内にあった看板を、棒状の物で壊した疑い。

 市川署の西田忠男副署長は、拳銃使用について「現時点では適正かつ妥当だったと考えている」とコメントした。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

最終更新:9月11日(日)10時58分

千葉日報オンライン