ここから本文です

<国体>競泳少女B100背、酒井がV 少男B100背は高地が制す

埼玉新聞 9月11日(日)10時30分配信

 (岩手国体=10日・盛岡市立総合プール)

 男女計20種目の決勝を行い、埼玉県勢は3種目で優勝を飾った。

 少年女子B100メートル背泳ぎでは、リオデジャネイロ五輪に3種目で出場した酒井夏海(さいたま土合中)が1分1秒43で快勝。少年男子B100背泳ぎは、全国中学大会100メートル同種目の覇者・高地駿介(さいたま春野中)が57秒30で制した。

 少年女子B400メートルメドレーリレーは埼玉(酒井、宮坂、田嶋、藤原)が4分8秒33で栄冠を獲得。少年男子B400メートルメドレーリレーの埼玉(高地、林、石橋、熊沢)は3分47秒53で惜しくも準優勝だった。

最終更新:9月11日(日)10時30分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。