ここから本文です

【MLB】田中将大、自己最多タイ13勝目! 8回途中を5安打10K1失点でチーム7連勝

Full-Count 9月11日(日)8時8分配信

自身6連勝の13勝目! 今季最多10奪三振無四球でレイズを圧倒

 ヤンキース田中将大投手が10日(日本時間11日)、本拠地でのレイズ戦に先発し、7回1/3を投げて5安打10奪三振無四球1失点(自責1)で、自己最多タイとなる13勝目を挙げた。自身6連勝となる白星で、チームを7連勝に導いた。試合は5-1で勝利した。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 中盤まで手に汗握る投手戦が続いた。レイズ先発はアーチャー。両軍打線とも決め手に欠け、0-0の拮抗した展開が続いた。

 田中はキレのある速球を軸にスライダーとスプリットでバットを振らせ、三振の山を築いた。初回と2回に走者を二塁まで進めるが三塁は踏ませず。3回と4回を3者凡退で締めくくると、5回にも走者を背負うが無失点に抑えた。6回、田中は先頭フォーサイスにセンターへ二塁打され、送りバントで三進を許すが、味方の好守もあり、このピンチも無失点で脱した。

 マウンド上で奮闘する田中を、6回攻撃で打線が援護する。先頭ガードナーが中前打で出塁すると、続くエルスバリーが8号2ランを右中間席に運び、さらに次打者サンチェスが13号ソロをセンターへ。3連打、2者連続ホームランで一気に3点を挙げた。

 回は危なげなく3者凡退としたが、8回1死からウィルソンにレフトへソロ弾を運ばれ、1点を失った。直後のフォーサイスの内角を攻めた初球が、ユニフォームをかすめる死球に。ジラルディ監督はビデオ判定を求めたが、そのまま死球の判断。ここで田中は102球(74ストライク)を投げて降板した。

 打線は8回にも2点を追加して、勝利を確実なものとした。

 田中は7回1/3を投げて5安打10奪三振無四球1失点(自責1)で防御率3.04。今季初の2桁奪三振の快投劇で自身6連勝、メジャー1年目の2014年に並ぶ自己最多13勝をマークした。

 ヤンキースは今季最長7連勝を飾り、プレーオフ進出への望みをつないだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月11日(日)12時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報