ここから本文です

遊びと運動の重要性学ぶ 子どもの健康増進へ「育成セミナー」

福島民友新聞 9月11日(日)10時50分配信

 幼稚園教諭や保育士ら、幼児教育に携わる人を対象にした「ふくしまっこ育成セミナー(いわき会場)」は10日、いわき市のいわき明星大で開かれ、県内の子どもたちの健康などについて考えた。県と福島民友新聞社の主催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援、テーブルマークの協力。会津若松市に続いて2回目。

 1部は郡山ペップ子育てネットワークの菊池信太郎理事長が「福島の子どもたちを日本一元気に!」と題して講演。菊池理事長は、震災、原発事故後指摘される県内の子どもたちの肥満などの健康課題に触れ、食育や睡眠など生活習慣の大切さを訴えた。その上で子どもたちの遊びと運動を確保する取り組みの必要性を説明した。

 2部では、NHK・Eテレの子ども番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や振り付け指導などで活躍する、たにぞうさんが体操やダンスの実技指導を行った。参加者は菊池理事長の分析やたにぞうさんの分かりやすい指導に触れながら、それぞれの教育現場での実践を誓っていた。

福島民友新聞

最終更新:9月11日(日)10時50分

福島民友新聞