ここから本文です

レスター指揮官ラニエリ、リヴァプールに大敗も「今までも負けた後はいつも良くなってきた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日(日)7時29分配信

昨季のスタイルを見失いがちなレスター

レスター・シティはプレミアリーグ第4節でリヴァプールに1-4と大敗を喫した。FWジェイミー・バーディのゴールで前半のうちに1点差に詰め寄り、1-2とするも後半に2点の失点を重ねた。

指揮官のクラウディオ・ラニエリは試合を振り返り、「リヴァプールは良く戦い、勝利に値した。私たちも出だしは良かったが、最初の失点後私達のスタイルを少し失ってしまった。後半試合を振り出しに戻そうと試みだが、すべてリヴァプールの方が良かった。チャンスは作れたけれど、少し運がなかった」と振り返った。クラブの公式Twitterが伝えている。

そして「次の試合に向けて意識を切り替える必要がある。今までも負けた後はいつも良くなってきた」と前を向いた。4節を終えて1勝1分け2敗とリーグ戦でなかなか白星を掴めないレスターだが、14日に行われるUEFAチャンピオンズリーグの初戦、ブルージュ戦に向け準備を進める。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月11日(日)7時29分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。