ここから本文です

綿貫陽介は第5シードに敗れて決勝進出ならず [全米テニス・ジュニア]

THE TENNIS DAILY 9/11(日) 9:00配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の大会13日目、ジュニアの部の本戦7日目は男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

ジュニアの男子ダブルスはアグイラー/メリジェニ ロドリゲス アウベスがノーシードから優勝 [全米オープン]

 男子シングルスで唯一勝ち残っていた第7シードの綿貫陽介(フリー)は第5シードのミオミール・ケマノビッチ(セルビア)に1-6 4-6で敗れ、決勝進出はならなかった。試合時間は1時間4分。

 ケマノビッチは決勝で、第1シードのステファノス・ツィツィパス(ギリシャ)を6-4 7-5で破った第6シードのフェリックス・オーガー アリアシム(カナダ)と対戦する。

 女子のシングルスでは、第5シードのケイラ・デイ(アメリカ)が第7シードのビアンカ バネッサ・アンドリースク(カナダ)を5-7 6-1 6-2で、第13シードのビクトリア・クズモバ(スロバキア)は第8シードのソフィア・ケニン(アメリカ)を6-7(2) 7-5 7-6(3)で破り、それぞれ決勝進出を決めている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス準決勝】

○32フェリックス・オーガー アリアシム(カナダ)[6] 6-4 7-5 ●1ステファノス・ツィツィパス(ギリシャ)[1]

○49ミオミール・ケマノビッチ(セルビア)[5] 6-1 6-4 ●33綿貫陽介(フリー)[7]

--------------------

【ジュニア女子シングルス準決勝】

○24ビクトリア・クズモバ(スロバキア)[13] 6-7(2) 7-5 7-6(3) ●16ソフィア・ケニン(アメリカ)[8]

○49ケイラ・デイ(アメリカ)[5] 5-7 6-1 6-2 ●33ビアンカ バネッサ・アンドリースク(カナダ)[7]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/11(日) 12:50

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。