ここから本文です

錦織、準決勝敗退も充実感「夏だけで言えば1番良かったかも」<男子テニス>

tennis365.net 9/11(日) 15:55配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)は第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に6-4, 5-7, 4-6, 2-6の逆転で敗れ、2年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「夏だけで言えば、もしかしたら(キャリアで)1番良かったかもしれないです」と充実感を得ていた。

【ジョコビッチvsワウリンカ 1ポイント速報】

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の4回戦を左脇腹の負傷で棄権した錦織は、約1カ月後に行われたロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で今季2度目のマスターズ準優勝。

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で銅メダルを獲得後は、W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に出場したが3回戦で敗退した。

ウィンブルドン後、ハードコートで13試合をこなしていた錦織。迎えた全米オープンでは1回戦から3回戦までは1セットを落とす苦しい戦いを強いられるも、第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)との4回戦では今大会初のストレート勝ち。

そして準々決勝では、優勝候補で第2シードのA・マレー(英国)を3時間58分で破り、2年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

しかし、ワウリンカとの準決勝ではスタミナがすでに切れており「ラリーが長くなると、この湿気と足の重さと疲れがきていたので、それにムチを打ってやろうとしてた」とベストな状態ではなかったことを明かした。

ウィンブルドン後の13試合、全米オープンの6試合をこなした錦織は「ここまでタフな試合を勝ち抜いた。試合数もこなして、結果もそれなりに出て、怪我もほぼなく終われた。いろんな面で自信になります」と手応えを感じ「今年はトップの選手に勝ってきてるので、自信を持って臨めば、これからマスターズなりグランドスラムでチャンスはいつか出てくると思う」と手が届いていないビッグタイトル獲得に、自信を見せた。

tennis365.net

最終更新:9/11(日) 15:55

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。