ここから本文です

広島25年ぶりV、優勝会見全文 選手の胸打った黒田博樹の涙

Full-Count 9月11日(日)15時12分配信

優勝決定試合で力投の黒田「いろいろこみ上げてくるものがあった」

 広島が1991年以来、25年ぶりとなる優勝を飾った。就任2年目の緒方孝市監督のもと、10日までに貯金35を積み上げて悲願を達成。試合後は都内のホテルで指揮官、黒田博樹投手、新井貴浩内野手、菊池涼介内野手、丸佳浩外野手が優勝会見に臨んだ。頂点に立った瞬間、それぞれの胸にどのような思いが去来したのか。改めて会見の内容を振り返ってみたい。

広島25年ぶりV、MVP争いも熾烈…チーム投打成績

――優勝おめでとうございます。まずは率直な思いを。

緒方「嬉しいという気持ちより、感謝の気持ちでいっぱいになりましたね。本当に選手の頑張り、その選手を支えるコーチ、裏方さんの頑張り、そして何より、ファンの子の声援ですかね。本当に1年間、頑張ってくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。

――胴上げの瞬間というのは、どういう気持ちでしたか。

緒方「本当に、最後の最後に決まるまでね、本当にヒットを打たれるんじゃないかとか、ホームランを打たれるんじゃないかとか、アウトになる瞬間まで、本当に信じられなかったですけど。その瞬間は、決まったという思いだけです」

――続いて黒田選手。優勝が決まった時の思いからお願いします。

黒田「まずはホッとしたという感じと、今日は先発だったので、なんとか勝って優勝を決められて良かったです」

――優勝を決めた試合で先発して勝利した。これはやはり普段の勝利とは違いましたか。

黒田「できるなら、あまり自分の試合でね、決まるか決まらないかというのは、あまりしたくなかったんですけど、普段はあまり運がないかなと思っていたんですけど、今日に関しては運があって、こういう形でね、試合で決められて良かったと思っています」

――試合が終わる直前までは、ベンチでずっとご覧になっていて、表情が変わらなかったんですけど、優勝が決まった瞬間は変化はどうでしたか。

黒田「いろいろ考えることがありましたし、たくさん考えることをしながらね、いろいろこみ上げてくるものがありました」

――続いて新井選手、お願いします。初めての優勝の思いというのは、いかがでしたか。

新井「夢みたいですね。嬉しいです」

――最後はランナーがいる中で、ファーストの守備でいましたが、あの時は気持ちは。

新井「9回に守備に就いた時に、あと3つアウトで決まると思って、ツーアウトになって、グッとこみあげてくるものがあったんですけど、ツーアウトから中崎くんがヒットを打たれた時に、また現実に戻りました」

1/4ページ

最終更新:9月11日(日)15時38分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報