ここから本文です

加藤と瀬間が本戦入りに王手 [ジャパン女子オープンテニス]

THE TENNIS DAILY 9月11日(日)22時8分配信

「橋本総業 ジャパンウイメンズオープン」(予選9月10~12日、本戦9月12~18日/東京・有明テニスの森公園テニスコート)の予選2日目は、2回戦8試合が行われた。

9月の国際女子大会「ジャパンウイメンズオープン2016」に橋本総業ホールディングスが特別協賛

 日本勢は、加藤未唯(佐川印刷)と瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)が予選決勝に駒を進めたが、青山修子(近藤乳業)、奥野彩加(Club MASA)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の今西美晴(島津製作所)と清水綾乃(高崎テニスクラブ)は敗れた。

 予選はシングルス32ドローで争われ、3試合を勝ち上がった4人が本戦への出場権を獲得する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

     ◇   ◇   ◇

【シングルス予選2回戦】

○2加藤未唯(佐川印刷)7-6(2) 6-0 ●4ヤン・ジャオシュアン(中国)

●5清水綾乃(高崎テニスクラブ)[WC] 4-6 0-6 ○8アントニア・ロットナー(ドイツ)

------------

○10サビーナ・シャリポワ(ウズベキスタン)6-3 6-0 ●11アレクサンドリーナ・ナイデノバ(ブルガリア)

●14青山修子(近藤乳業)6-1 5-7 4-6 ○16チャン・スジョン(韓国)[11]

------------

○18ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)6-2 2-6 6-0 ●20今西美晴(島津製作所)[WC]

●22シュー・イーファン(中国)6-2 2-3 Ret. ○23瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)

------------

○25レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)[4] 6-3 6-4 ●27ハン・ナレ(韓国)

●30奥野彩加(Club MASA)2-6 3-6 ○31バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(タイ)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月11日(日)22時8分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]