ここから本文です

大敗後に“因縁の相手”から勝利の川崎MF「素晴らしいサッカーができることをサポーターに証明できた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/11(日) 15:00配信

2ndステージは福岡から勝ち点3獲得

10日に開催されたJ1リーグのアビスパ福岡戦で勝利を収めた川崎フロンターレのMFエドゥアル・ネットが試合を振り返り、2試合ぶりの勝利を喜んだ。

前節は柏レイソルに大敗を喫し、ホームスタジアムに福岡を迎えた一戦。1stステージでは16節の福岡戦で勝ち点を取りこぼし、結果的に優勝を逃すことになった川崎だが、2ndステージでの対戦は29分に谷口彰悟が先制点を決めると、その後も得点を重ねて3-1で勝利。福岡から3ポイントを奪い、首位をキープしている。

試合後、川崎MFエドゥアルド・ネットは、大敗を喫した柏戦から1週間後の“勝ち点3獲得”について「前の試合とは違う戦いができたと思うし、我々が素晴らしいサッカーができるというところをサポーターに証明できたのではないかなと思います」とコメント。また、そのサポーターに対しても「日々のトレーニングの中で自分たちがどれだけ表現をできるかというところをチーム全員が意識的に取り組めているし、今このタイミング、この時間はクラブにとってすごく重要。だからこそ、多くのサポーターに来てもらって力になってほしいと思っている」と呼びかけている。Jリーグ公式サイトが伝えた。

年間、2ndステージともに首位を走る川崎は次節、敵地で大宮アルディージャと対戦する。大敗後、一週間で嫌な流れを断ち切った川崎の戦いに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/11(日) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています