ここから本文です

白熱のマンチェスター・ダービーで最も高評価だったのはベルギー代表の天才MF 「ファンタスティックなパフォーマンス」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/11(日) 16:23配信

デ・ブライネを英紙が絶賛

10日に行われたプレミアリーグ第4節でマンチェスター・シティがマンチェスター・ユナイテッドに2-1で勝利した。史上最高額の選手たちが揃うダービー・マッチとして注目を集めた一戦は、敵地オールド・トラッフォードに乗り込んだシティが、デ・ブライネとイヘアナチョの得点で2点のリードを奪うとその後、イブラヒモビッチに1点を返されるも白熱したダービーを制している。

英『Daily Mail』は試合後の採点(10が最高評価)で、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに両チームを通じて最も高い評価となる「8」をつけた。デ・ブライネは「ファンタスティックなパフォーマンス。先制点を奪い、ポストを直撃したシュートは2点目につながった」と寸評された。そしてマンチェスター・シティはDFニコラス・オタメンディ、DFジョン・ストーンズ、MFダビド・シルバの3人に「7」の高い評価がついている。

この試合がシティ移籍後、初先発となったGKクラウディオ・ブラボは、ゴール前に蹴りこまれたクロスをDFストーンズと交錯したことでキャッチミスし、失点に絡んでしまった。「彼はユナイテッドにゴールをプレゼントした」と評価され「4.5」の低評価がつき、ほろ苦いデビュー戦となった。一方、マンチェスター・ユナイテッドで高評価だったのは、そのチャンスを見逃さなかったイブラヒモビッチ。「7」の採点がつき「優れたボレーシュートで前半唯一のチャンスをものにした」と評価された。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/11(日) 16:23

theWORLD(ザ・ワールド)