ここから本文です

C・ロナウドの次はルーニーがイライラ? グアルディオラ突き飛ばしたシーンにスペイン紙も思わず反応

theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日(日)16時40分配信

スローインをさせまいと必死の抵抗にルーニーが

10日におこなわれたマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティのマンチェスター・ダービーは、マンUの選手にとって非常にフラストレーションが溜まるものとなった。

序盤からミスを連発し、相手のプレスもあって思うようにボールが繋がらない。ホームにもかかわらずライバルに2点を先行されてしまい、ズラタン・イブラヒモビッチらが盛んに手を叩いてチームメイトの奮起を促していた。

そのイライラを敵将ジョゼップ・グアルディオラにぶつけたのがウェイン・ルーニーだ。ルーニーはタッチラインを割ったボールをなかなか渡そうとしないグアルディオラに腹を立て、強引にボールを奪い取ろうとした。ルーニーのフラストレーションが表に出ていたシーンと言えよう。

このシーンに懐かしさを覚えた人もいるのではないか。グアルディオラがバルセロナを率いていた際に、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドがグアルディオラの持つボールを奪おうとし、軽く突き飛ばすシーンがあったからだ。

バルサの選手たちはロナウドの振る舞いに怒りを見せたが、今回のルーニーと非常によく似ている。スペイン『as』はこのシーンについて、グアルディオラはロナウドも怒らせたことがあると伝えており、マンチェスターに舞台を変えたジョゼ・モウリーニョとグアルディオラの対決にクラシコの興奮を重ね合わせた部分もあったようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月11日(日)16時40分

theWORLD(ザ・ワールド)