ここから本文です

新規定F1カーのルックスは、レッドブルによるスタイリングがベース

オートスポーツweb 9月11日(日)14時48分配信

 ウイリアムズのテクニカルディレクター、パット・シモンズによると、2017年の新規定によるF1マシンの基本的な外観は、レッドブルの考案したスタイリングをベースにしたものだという。 

 テクニカルレギュレーションの大幅な見直しにより、来季のF1マシンは、よりワイドな前後のウイング、これまでとは異なる形状のボディワーク、ファットなタイヤを特徴としたものになる。2017年のトロロッソのデザインを垣間見たカルロス・サインツJr.は、新しいクルマはまったく「別のカテゴリー」のように見えるだろうと語っているほどだ。

 シモンズは、来年のグリッドに並ぶクルマの形を決めていくにあたって、レッドブルのインプットが全体の方向性を決定付けたと考えている。
「新しいクルマはカッコ良く見えると思うよ」と、シモンズは言う。

「2017年のクルマについて話し合いを始めたとき、私が案じていたのは、レトロなルックスを求める声が強かったことだ。私はレトロルックはF1のためにはならないと思っていた」

「新しいクルマのスタイリングにおいて、すばらしい仕事をしたレッドブルを心から称賛したい。なぜなら、彼らはストラテジーグループが求めていたものの実現にはとどまらず、それを超えるようなすばらしいスタイリングを考え出してくれたからだ」

「彼らは、止まっている状態でも速そうに見えるクルマにしたいという、私たちの希望した条件から出発して、それを実に見事なシェイプで表現した。本当にカッコ良いものに仕上げてくれたよ」

「風洞用のモデルカーなどは、あまり魅力的には見えないのが普通だ。だが、現在風洞に入っているモデルを見ると、来年のクルマは見映えの良いものになりそうだと思うね」

 コンピュータゲームの「グランツーリスモ」用として、エイドリアン・ニューウェイは、F1のコンセプトカーをデザインしたことがある。しかし、シモンズによると、新しいF1マシンはいわゆる「未来的なルックス」でもなく、あえて言うなら、それは「空気によって引っぱられている」印象を与えるスタイリングだという。

「クルマは現在よりも車幅が広く、ホイールとタイヤも太くなるし、リヤウイングはワイドで低くなる。フロントウイングには軽く後退角がつき、クルマ全体に合わせて幅も広がる。サイドポッドの前端も曲線的で、リヤウイングの翼端板は、後方に傾斜した形になる」
「全体としては、空気によって後方へ引っぱられているかのようなルックスになるんだ。私は気に入っているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月11日(日)14時48分

オートスポーツweb