ここから本文です

後藤真希、デビュー17年 「3週間で7キロ痩せた」当時を振り返る

クランクイン! 9月11日(日)8時0分配信

 元モーニング娘。のメンバーで、タレントの後藤真希が9日、自身のブログにて自身がデビューを果たした1999年9月からの軌跡を述懐し、多忙さとプレッシャーで3週間で7キロもやせたことがあったというエピソードなどを明かしている。

【関連】「後藤真希」フォトギャラリー


 17年前のデビューについて、オーディション合格のときのことを「初めて嬉し泣きを経験する事が出来ました」と振り返る後藤。しかしその後は「今までの日々とは物凄くかけ離れた毎日で、食事や睡眠もなかなかとれず、最初3週間で7キロ痩せちゃったり、今まで気にする事もなかった肌荒れとかもあったり、大好きだった勉強もなかなかうまくいかず」と、当時中学2年生だった後藤が学業との両立に苦労していたことを明かす。

 また、自身が出演していたオーディション番組『ASAYAN』について「たまに見返すと、ほんと子供で、驚くし笑っちゃいます」と語りながらも、奮闘していた日々を振り返りつつ、「つんく♂さんやスタッフさん達や家族に感謝ですね。メンバーの皆にも、力不足で迷惑かけちゃったりたくさんあったけど、いつも同じステージに立てる事が出来て感謝です」と感謝の気持ちを綴った。

 これには「読んでいて私も一緒に懐かしくなっちゃいました」「ごっちんがきっかけで私はモーニング娘。が好きになりました」「当時、すっごいファンでした!つんくさんも天才的な可愛さとか言ってましたよね!」とデビュー当時に思いをはせる声や「ママになったごっつぁんの活躍今後も楽しみです!」「まきちゃんがステージで歌ってるのを見るのが夢」と今後の活躍に期待する声が寄せられている。

最終更新:9月11日(日)8時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。