ここから本文です

リーグVを支えた広島の生え抜き力 その下地は由宇にあった?

ベースボールキング 9/11(日) 11:00配信

10日の巨人戦スタメンは7人が生え抜き

 広島が10日、東京ドームで行われた2位巨人に勝利し、25年ぶり7度目のリーグ優勝を達成した。

【10日巨人戦の広島のスタメン】
1(遊)田中広輔
2(二)菊池涼介
3(中)丸佳浩
4(一)新井貴浩
5(右)鈴木誠也
6(左)松山竜平
7(三)安部友裕
8(捕)石原慶幸
9(投)黒田博樹

 10日の広島のスタメンを見ると、9人中7人が生え抜きの選手。「4番・一塁」で先発出場した新井貴浩と、先発した黒田博樹は一時他球団へ移籍したが、広島でプロ入りした選手だ。10日の試合にスタメン出場した全員が、広島でプロ入りした選手ということになる。

鈴木は1年目に強化指定選手として二軍戦に出場

 スタメン出場した多くの選手が二軍の由宇で腕を磨いた。今季6月17日と18日のオリックス戦で2試合連続サヨナラ本塁打を放つなど、“神ってる”でお馴染みの4年目・鈴木誠也がその一人。

 鈴木は今から4年前の12年ドラフト2位でプロ入り。1年目は、「次世代の中心選手を育成するということで、強化選手として力を入れています」(内田順三当時二軍監督)という理由から、高卒1年目から積極的に二軍戦に出場した。森笠繁二軍打撃コーチは「高校卒業1年目で二軍とはいえ、プロの球を打つのは難しい。その中で、ある程度結果を残し、ケガをしないのは凄い」と大絶賛していた。

 強化指定選手として1年目から二軍戦に出場機会を多く与えられていた鈴木だが、二軍戦後には大野練習場で打撃練習を行うなど、自主練習を行っていたのは印象的。

 また、シーズン終盤の9月には、高卒ルーキーでは東出輝裕以来、14年ぶりに一軍デビューを果たし、9月16日の巨人戦でプロ初安打をマークしたが、この年に記録した安打はこの1本だけ。当時鈴木は「二軍では打ち損じても甘い球が来るが、一軍では打ち損じた次に甘い球は来ない。二軍で打てても、一軍で打てていないので満足していない」と成績に納得せず、常に高い向上心を持っていた。1年目に二軍戦で93試合に出場し、2年目以降は一軍での出場機会を増やしていき、今季の大ブレイクに繋げた。

1/2ページ

最終更新:9/13(火) 12:37

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。